読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

sandabe’s diary

エンタメやオモシロ情報をおとどけ!

JYJとPSYがライブも!韓国アジア競技大会開会式

NHK BSで放送された、19日開幕の韓国仁川(インチョン)アジア競技大会開会式のお話です。

 

私は普通の日本人として、韓国であれ中国であれ、その国や人が行う反日行為は許さないし、日本国内で反日な発言・行動や迷惑行為をする人は本国へ帰って頂きたいと思う。

韓国が国策で推し進めるK-POPのタレントでも、反日感情を露わにするのなら、日本に来て欲しくない。

けれども、J-POPよりもエンターテイメント性で優ているK-POPの好きな歌はよく聞くし、韓国人でも【普通の人】とは日本人と同じように接します。それは欧米やイスラム東南アジアの国の人も同じです。

 

開会式に話を戻しましょう。

 

スポーツの祭典なので、政治的な話はナシにしたいのですが、軽いところを一つだけ。

開会式開始前のカウントダウンでは、参加各国を表したイラストを、飛び出す絵本のページをめくるようにして表していました。

17(じゅうなな)番で登場した日本は、三重塔と眼鏡橋と桜の前で太刀を構える武士が描かれ、一番後ろに地平線に半分沈んだような日の丸というイラストだったと思います。

日の丸なのか、夕陽または朝陽なのかは別にして、それが正中線で左右2つに切れていたところには「あ~ぁ」と思ってしまいました。

というのは、同じようなデザインでも正中線で切ることはせず、うまく折りたたむように描かれていた国もあったからです。

 

それに、NHKのセンスナイ具合には、本当に閉口してしまいました。

 

「WELCOME」の花火が打ち上げられたシーンでは、カメラの引きが間に合わず文字を表した花火全体が映らないし、上空のヘリからの映像を入れすぎて開会式の様子がわからなくなることが頻発しました。

 

そして、開会式終盤には、JYJとして活動しているジュンス、ジュジュン、ユチョンのあと、「江南スタイル」で一世を風靡したPSY(サイ)がライブを披露しました。

JYJは、以前活動してた東方神起を事務所との契約問題で脱退したあと活動が制限されており、今回の開会式への出演に関しても、少女時代やSUPER JUNIOR、EXOを擁するSMエンターテインメントから横やりが入るなか、ニンチョン市長の意向で出演が決定したものの、韓国内ではJYJライブを放送しないという噂がありました。


PSYはアメリカに活動拠点を置いているため、韓国国内でも目にすることは少なくなっています。

そういうわけで、今回の開会式を見た殆どの人は、このJYJとPSYのライブが目当てだったと思います。

JYJは3人揃って笑顔で登場し、大会公式テーマソング「Only One」に続き、JYJデビュー曲「Empty」を熱唱しました。

PSYが登場すると、退場しかけていた選手がステージへ駆け寄る姿や、音楽に合わせて踊る日本選手もみられました。

けれども、私はユチョンの歌う姿は初めてだったので、すごく期待していたのですが、ライブ中にもお得意の空撮が頻繁に入り、JYJもPSYも申し訳程度に写るだけで、おまけに「江南スタイル」の最後には次回放送のテロップが大きく被って、最後の『オッパ カンナムスタイル 』決めポーズが見えないという悲劇が発生。

もう、意図的に映してないとしか思えない、とても残念なNHKの放送内容でした。