読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

sandabe’s diary

エンタメやオモシロ情報をおとどけ!

ハロウィン気分をコンビニスイーツで、パンプキンプリン

10月といえば、ハロウィン。

ハロウィンといえば、カボチャですよね。

今回は気軽にハロウィン気分を味わえる、カボチャ味のコンビニスイーツをご紹介。

 

このモンテール『北海道のカボチャプリン』は、数あるコンビニスイーツのなかでもイチオシ商品です。

f:id:sandabe:20141001192506j:plain

 去年のハロウィンとともに店頭から姿を消してしまい、記者は暗澹たる1年を過ごしていましたが、昨日再び再会できたので早速買ってきました。

f:id:sandabe:20141001194118j:plain

パンプキンプリンは上から、

モンブランのようにぐるんぐるんにトッピングされたカボチャ餡=少し苦味があるカボチャの皮のような味

②ホイップクリーム=なめらかな舌触りだけれど、すごく甘い

③カボチャ餡を形作るための(小さな)スポンジケーキ

④カボチャで作られたプリン=甘味は少なく、カボチャのような触感と味

⑤カラメルソース=シャバシャバ薄くて甘味も少ない

という構造と味になっています。

f:id:sandabe:20141001194857j:plain

おすすめの食べ方は、ちまちま食べるではなく、底までスプーンを差し込んで、①②④にカラメルソースをからめ一気に食べて下さい。

そうすると、苦味と甘味のなかでカボチャ味が微妙に溶け合い、何通りもの味を一度に楽しむことが出来ます。

必ず②(ホイップクリーム)の甘さに、スプーンが止まりますので、そのときは③(スポンジケーキ)で口直しをながら食べてみてください。

f:id:sandabe:20141001200845j:plain

食べ始めには『量が少ないかな?』と感じるかもしれませんが、男性でも1コで十分だと思います。

 

200円弱でこんなおいしいカボチャのスイーツを味わえるとは、ほんと恐れ入りました。