読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

sandabe’s diary

エンタメやオモシロ情報をおとどけ!

困ってる人に、国は関係ないでしょ

交差点を歩いて渡ろうとしたときに、救急車がサイレンを鳴しながら接近してきたら、どうしますか?

 

3.11のあと、行きつけのカレー店でネパール人店長が「福島へいった」と言いました。

詳しく話をきくと、「ネパール人30人で1人3万円ずつ出し合って、食材を買い、バスを借りて、避難所で炊き出しをした」と。

それも、震災発生の直後で、まだボランティアも入っていない場所へ。

 

そう聞いて、心からありがとうと、お礼を言いました。

でも、どうして危険を顧みず、そこまで日本人に尽くしてくれるのかと尋ねると、ネパール人店長はこう言いました。

「だって、困ってる人に、国は関係ないでしょ」

 

2014年10月26日、日本の首都・東京。

目前を横断する多数の歩行者へ、「お待ちください」「交差点に入らないでください」とお願いしながら、緊急走行中の救急車が交差点をなんとか通過していきます。


歩行者へ懇願する緊急走行救急車。An ambulance asked a walker to open a course. - YouTube

 

ケガ・病気の人を救うために、救急車は走っています。