読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

sandabe’s diary

エンタメやオモシロ情報をおとどけ!

auも開始データ繰り越しサービスの落とし穴

ドコモ・ソフトバンクに追従して、auも9月からデータ繰り越しサービスを開始します。

 

これは各社とも5GB以上のプランに適応されるサービスですが、キャリアにより内容に若干の違いがあります。

 

使わずに残ったデータ量を

auは1B単位

f:id:sandabe:20150820232544p:plain

ソフトバンクは100MB単位

f:id:sandabe:20150820232619p:plain


☆ドコモは1GB単位

f:id:sandabe:20150820232631p:plain

で繰り越せます。

(図は各キャリアHPより引用)

 

残ったデータ量を1Bから繰り越せるauと違い、ドコモとソフトバンクでは端数切り捨てで繰り越されません。

スマートフォンで撮影した写真1枚を5MBとすると、ソフトバンクでは約19枚分、ドコモにいたっては199枚分が最大で切り捨てられることになります。

 

いずれにせよ、データ量に気をもまずに済むようになりそうですが、ここにもやっぱり落とし穴があります。

それは繰り越しデータは

  • 有効期限が翌月末
  • 契約プランの設定データ量を使い切った後に消費する

ということ。

 

繰り越し分から先に消費するのであれば本当に価値あるサービスと言えますが、これではたまたま使うデータ量が少なかった翌月にしか恩恵にあずかれないでしょう。

 

※記事の内容は2015.8.19現在の各キャリアHP内容に基づきます。詳細は各キャリアにお問い合わせください