読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

sandabe’s diary

エンタメやオモシロ情報をおとどけ!

バトミントン違法賭博選手へ助成金返還請求?!

『日本スポーツ振興センター(JSC)が、闇カジノ店で違法賭博行為を行ったバドミントン男子の桃田賢斗(21)と、日本協会に対し、これまで支払った助成金の返還について検討に入ったことが11日、明らかになった』

2016.4.12.Yahooニュースより引用、以下『』内も同じ

headlines.yahoo.co.jp

日本の代表でオリンピックに出場する選手には、競技能力以外にも求められるものがあるでしょう。

今回違法賭博を行った選手に同情の余地はありませんが、これまで支払った助成金の返還』に法的根拠はあるのでしょうか。

 

「自らの瑕疵によりオリンピックなどの大会に出場できない場合は、補助金の返還義務を負う」などという契約や規約があったなら返還請求も当然でしょうが、『「競技を離れた場所でも社会の模範となる行動を心掛ける」などとした行動規範』だけで請求を正当化できるとは思えず、その理論がまかり通るなら犯罪を犯した公務員や議員に厳格に適用して給与・歳費を返還させるべきです。

また、当該選手が所属していたNTT東日本バトミントン部は半年間の対外活動自粛とのことですが、同じく違法賭博を行った選手が所属していたプロ野球チームが看過されていることにも違和感を覚えるのは記者だけでしょうか。