読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

sandabe’s diary

エンタメやオモシロ情報をおとどけ!

バレンタインにペヤングチョコレートやきそば??

日清食品の『明星 一平ちゃん夜店の焼そば チョコソース』で、所詮話題モノは正統派に及ばないことを再確認したにもかかわらず、

折角のバレンタインなので、スーパーで気になっていた『ペヤング チョコレートやきそばギリ』を一人寂しく食べてみました。

f:id:sandabe:20170214211412j:plain

ハートマークで可愛く『ギリ』をアピールしなくても、

f:id:sandabe:20170214211416j:plain

これを貰ったら義理だということぐらい分かるだろ!

と思っていましたが、食べてみるとそれが大間違いだということがわかります。

ソースは1種類。それとかやくが入っています。

いつも思うのですが、商品の外装が凝ったデザインでも、剥がしてしまうとパッケージはつまらないんですよね。

まだ食べてもいない、作る前から興味も失せてしまいます。

f:id:sandabe:20170214211421j:plain

かやくに入っている赤い粒は、紅生姜かなと思ったら、原材料に『いちご加工品』とありました。

食べると甘酸っぱいものの、いちごの香りも味もしません。

f:id:sandabe:20170214211424j:plain

お湯でもどした麺に『やきそばソース』をかけます。

舐めてみると、やきそばソースというのは名ばかりで、単なるチョコペーストです。

食べるまえから、嫌な予感がしてきましたね~ぇ。

f:id:sandabe:20170214211428j:plain

混ぜているとチョコの香りがしてきますが、普通のソースよりも粘度が高く麺となじみにくいので、気を付けないとチョコペーストまみれになっちゃいます。

f:id:sandabe:20170214211434j:plain

毒々しい色合いに仕上がりました。

f:id:sandabe:20170214211446j:plain

意を決して食べてみると

f:id:sandabe:20170214211449j:plain

チョコらしき味も、「いちご加工品」の甘酸っぱさに負けちゃうほど弱くて、粉っぽい麺を飲み込むのにも一苦労です。

これなら、ソースをかけていない麺を、ココアを飲みながら食べたほうがよっぽど美味しいでしょう。

なんでこんなのを商品化しちゃったの???

半分もいかないうちに、この味のままで食べ進むのが不可能になりました。

『明星 一平ちゃん夜店の焼そば チョコソース』のときは、ホイップクリームを山のようにトッピングすることでより美味しくしましたが、今回はそんなレベルではありません。

f:id:sandabe:20170214211452j:plain

まず、食べられるようにしようとウスターソースを使ったところ、チョコ味とはアンバランスではあるものの、それらしい味になり、なんとか完食することが出来ました。

もしバレンタインにこの商品を貰ったら、それは『ギリ』ではなく『イヤガラセでしょう。

罰ゲームに挑戦したい方はお試しあれ。