読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

sandabe’s diary

エンタメやオモシロ情報をおとどけ!

銀座でのできごと

銀座4丁目。

f:id:sandabe:20150303180511j:plain

歩道の女性を避けて流れる人の波。

見ると、手には白い杖。
だが、女性は声も発せず、立ち竦んでいる。

「どこかお探しですか?」
と尋ねると
「地下鉄の駅はどこですか?」

すぐ脇に駅への降り口があるが、人が多くて探せなかったのだろう。

「銀座線の入口はすぐそこです。私が案内しますので腕を持って下さい」
肘に添えるように置かれた手は弱々しい。

f:id:sandabe:20150303180626j:plain

女性に通路の段差を伝えながら、ゆっくりと降りる。

f:id:sandabe:20150303180653j:plain

狭い階段で邪魔にならぬよう、出来るだけ端に寄って降りたのだが、まわりの人も気をかけてくれたようで、横を無理に抜いていく人はいない。

 

改札横の人通りが少ないところで
「改札口に着きましたよ。定期かPASMOはお持ちですか?」
ここからは、女性だけで大丈夫だと思っていた。

「駅員さんはどこにいますか?」
「呼んできますから、ここで待っていてください」

f:id:sandabe:20150303180731j:plain

他の人への案内が終わるのを待ち、

「眼の不自由な方が駅員さんを呼んでます」
と伝えると、
「今すぐ行きます」
と若い駅員は笑顔で対応してくれた。

先に女性のもとへ戻り
「すぐに駅員が来ますからね」
そう伝えると、女性はやっと安心できたのか、
「ありがとうございました」
と笑顔を見せてくれた。

ほどなくして来てくれた駅員に
「よろしくお願いします」
と託してその場を後にした。

※写真はイメージです