読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

sandabe’s diary

エンタメやオモシロ情報をおとどけ!

秋葉原に登場!激安和菓子店「株式会社茶茶」

秋葉原に、なにやら人だかりが・・・。

場所は、JR秋葉原駅電気街口から総武本線ガード下を中央通りを渡ったマツキヨの向かいで、以前は大声で呼び込みをする時計の安売り店がありましたが、今度は違うようです。

f:id:sandabe:20150201015758j:plain

和菓子屋のようですが、『半額』の文字すごいですね。

f:id:sandabe:20150201015832j:plain

わらび餅など300円以上の商品もありますが、

f:id:sandabe:20150201020114j:plain

ほとんどの商品が100円で売られています。

f:id:sandabe:20150201020023j:plain

みたらし団子もいろいろ種類があります。

f:id:sandabe:20150201020348j:plain

大量の商品が積み上げられています。

f:id:sandabe:20150201020459j:plain

でもココは秋葉原

電気製品やアイドルグッズなら分からなくはないのですが、ヲタクの聖地で和菓子、それも半額ってどうでしょ?

『工場渡し価格』とは書いてありますが、店の名前がはっきりと分からないので、ますます疑ってしまいます。

商品について詳しく尋ねられなかったので、とりあえず「いちご大福」と「どら焼き」で試すことにしました。

どちらも税込み100円で、合計200円。

店員はとても安売り店とは思えない丁寧な対応でした。

購入してからあちこち歩き回ったせいで商品の見栄えが悪くなっていますが、お許しください。

f:id:sandabe:20150201021726j:plain

小ぶりのいちごが入った、いちご大福。

いちごはヘタの白い部分が多く全体的に固くて、こういういちごにはなかなかお目にかかれません。

f:id:sandabe:20150201022456j:plain

甘さを和らげるには、酸っぱめのいちごがいいのかも。

f:id:sandabe:20150201024052j:plain

栗入り小倉と表記されていますが、粒あんの中に小さな栗の欠片が少し入っているだけで、それだけを取り出して食べるとうっすら栗の味がするという程度。

f:id:sandabe:20150201023127j:plain

でも、餡はあっさりとした甘さで、なめらかな餅とあいまってとてもおいしくて驚きました。

 

次は「どら焼き」です。

f:id:sandabe:20150201024342j:plain

これには栗入り粒餡とあります。

f:id:sandabe:20150201024407j:plain

どら焼き界の流行りか、浅草・亀十を思わせる模様。

f:id:sandabe:20150201024736j:plain

皮は目が粗いのですが、フワフワながらしっとりとしており、マクドナルドのパンケーキをもっと柔らかくしたような感じで、あっさりとした甘さ。

f:id:sandabe:20150201025153j:plain

中には、栗入り粒餡とホイップクリームが入っています。

f:id:sandabe:20150201025639j:plain

ホイップクリームは決して安っぽくない味ですが、甘さと同時に量も控えめ。

いちご大福より栗の欠片が多く入った栗入り粒餡は、小倉とは食感も違いますが、おいしくいただきました。

 

食品表示をみると、製造者は『株式会社 茶茶』となっており、HPには同じようなどら焼きやいちご大福が見られます。

ここで売られているのは安売り用の商品かもしれませんが、これで100円は安いと思います。

秋葉原を歩き疲れて糖分補給が必要になったら、このお店のお菓子を食べてみてはいかがでしょう。

お店は、2月20日ごろまで毎日営業とのことです。


YouTube